• お問い合わせ
  • かま学の歩き方
  • みんなの感想文
かま学日記

かま学は、かま学らしくコツコツと毎日鎌倉を盛り上げます。
そんな日々の活動を通して、鎌倉の良さをお伝えする日記です。

カテゴリー選択
過去の記事
第1回 かま学 写真コンクール!  2013.07.11

昔懐かしの絵画コンクール…あの思い出をもう一度!
2012年末に募集した鎌倉好きによる鎌倉好きのための
『写真』コンクール。

その応募作品を一挙に大公開します!
 
 
掲載は応募順です。
①氏名②タイトル③撮影場所④作品にまつわるストーリー
 
①宮尾 智司 様
②流鏑馬
③材木座海岸
④材木座海岸に流鏑馬を!と鎌倉市立第一中学校OBが企画し、
それに参加した時の一枚です。
馬の走る300mの砂浜を清掃したり、皆、各々が慣れない仕事をしながら、
神事を行うことが出来ました。
約4,000人の観客数でした。
生まれ育った材木座海岸。
何度も釣りやタコ取りで遊んだ和賀江島の前で流鏑馬を通して、
鎌倉幕府の時代の風景が垣間見えた気がして感動しました。
 
 
①小林祐二 様
②七里ガ浜の日の出
③七里ガ浜海岸駐車場
④大好きな七里ガ浜から見た初秋の日の出&朝焼けです。
まだ誰もいない穏やかな海。とても気持ち良かったです。
 
 
①辻 周而 様
②つゆのはれま
③名月院
④梅雨の晴れ間のアジサイの鮮やかな色と、
やがて来るであろう初夏の日差しを感じた。
 

①松本 康祐 様
②また来年!夏!
③材木座海岸
④もう人気の少ない夏の終わりの材木座海水浴場。
一人の少女が波打ち際で終わってしまう夏休みを惜しむかのように遊んでいる。
私もノンビリと夏の終わりを惜しんでいた時に撮れた偶然のショットです。
結構気に入っています。
実はこれ、携帯で写したものなんですよ!

 
①加田 務
②七里ガ浜の消防署派出所
③七里ガ浜
④2011年4月に、七里ガ浜に消防署派出所ができました。
プリンスホテルの坂を上ってくると、見えてくる安心の赤いライト。
横で秋の満月も輝いていました。
(2012/11/27 撮影)
 
 
①太田原健
②まんだら堂やぐら群特別一般公開
③逗子市の鎌倉との境のまんだら堂やぐら群
④戦乱、震災、戦災などにより、鎌倉の建物は再建されたものが
多いと聞きます。
かつての墓地の面影を残すというまんだら堂やぐら群の
特別一般公開がありましたので、いってみました。

 

①木村友美 様
②涼
③報国寺(2012年夏)
④報国寺は、とても落ち着くのでよくいきます。
このときは、夏でとても暑く、涼を求めて行き、
この緑のおかげでとても涼しくなりました。
竹林の中に大木が一本、モミジもあって配置がおもしろいな
というのもありましたが、それぞれの緑のきれいさと涼しい感じを
だしたいと思って、撮りました。

 
①青木保徳 様                
②秋の散歩
③七里ヶ浜
④坂道の感じが、いい感じ。
①青木保徳 様                
②夕焼け
③七里ヶ浜
④風の強い寒い日でしたが、綺麗な夕日が見れました。
①青木保徳 様                
②秋の散歩
③材木座海岸
④サーフィン中に怪我、サーフィンが出来なくても、
海とお酒があれば、休日はリフレッシュ!
ちなみに、怪我はもう治ってサーフィン楽しんでます!
①青木保徳 様                
②春の散歩
③光明寺
④夕方の光明寺。いい時間でした。 

 
①柳井 美紀 様
②共に生きる
③鶴岡八幡宮(源平池)
④今年は、花を追って鎌倉に足しげく通いました。
今までは「花」しか目に映らなかったのですが、花を
撮影していると、多くの場所で「虫」が姿を表します。
ミツバチ、アブ、蝶、そして名も知らぬ虫達の
懸命に生きる姿に、美しさと力強さと、そして共生を
していくことの大切さを学んだ1年でした。
 

①鈴木 克広 様
②明月院

①鈴木 克広 様
②由比ヶ浜海岸からの夕暮れ

①鈴木 克広 様
②夕暮れの材木座海岸

①鈴木 克広 様
②材木座ビーチ
 
 
①関根 恭子 様
枝垂れ桜咲く本覚寺。
ソメイヨシノより一足早く鎌倉を彩る本覚寺の枝垂れ桜は素晴らしいです。
 
①関根 恭子 様
長谷寺・紅葉のライトアップ。
ライトに照らされて、紅葉が艶やかに輝いています。
 
①関根 恭子 様
東慶寺本堂裏の見事なイワガラミ。
たった1本の木から一面に広がるイワガラミの姿に思わず息を飲みました。
 
①関根 恭子 様
稲村ケ崎から望む、夕照富士。
 海も空も雲も、金色に輝いています。

①照井 謙一 様
母は八幡宮でよく写真を写に連れて行ってくれました。
昭和30年台。