• お問い合わせ
  • かま学の歩き方
  • みんなの感想文
かま学日記

かま学は、かま学らしくコツコツと毎日鎌倉を盛り上げます。
そんな日々の活動を通して、鎌倉の良さをお伝えする日記です。

カテゴリー選択
過去の記事
カテゴリ:みんなの感想文の記事
鎌倉でお店を持つ講座 第3回 『books moblo』  2013.10.29

鎌倉でお店を持つ講座の第3回目は、『books moblo』さんでした。
今回も受講生の方々から、アンケート用紙に書かれた沢山の「感想文」を受け取りました。
店主ご夫妻穏やかでほっこりしたお人柄、周りとのつながりを大切にされる経営方針など、
今回も多くのことを感じ取って頂けたように思います。
 
 
 
新しい古本屋でびっくりしました。
アイディアがいっぱいつまったおちつく店内。
このようなお店でコーヒー、飲みたいです。ありがとうございました。
(高柳直世)
 
今まで受講して、講師の方々の雰囲気は千差万別だなぁと思わせられる方(ご夫婦)だと思いました。
プレッシャーよりもおもしろい、楽しいということが前面に出ていて、ほっこりしながら
お話をきくことができました。
好きな事をつきつめる。というのも色々な視点があると感じました。
(S様)
 
お二人のconsept、行動力がとてもすてきです。ありがとうございました。
(海野校長の)店主の方たちからのインタビューをするときの質問の内容が、とても受講生の
聞きたい内容だと思いますが、この企画を始めたきっかけを教えて下さい。
(CHL様)
 
        
 
とても楽しい時間でした。
私も夫婦でお店をもつのが目標です。
お店の中は、とても楽しんでお店づくりをされていて、みるだけでワクワクします!
(小川マユミ様)
 
飲食志望なので、どこまで参考になるかと思っていましたが、開業にあたっての話など
色々興味深く聞かせていただきました。
またネットや大型店とは異なるコンセプトがしっかりしていて、営業を成り立たせていく為に
何をなさっているのかも面白く聞けました。
(江尻治史様)
 
本日はありがとうございました。
いろいろなアクションをおこしていてとても積極的だなと思いました。
震災・ご病気と大変な事態を乗りこえて本当にすごいとおもいました。
(F様)
 
          
 
本当にみなさん鎌倉が好きなんだな・・と思いました。
「横のつながり」「ネットワーク」という言葉が印象的でした。
「お店を持ちたい」という夫婦の話が具体的になり始めた頃から夫婦の会話が子ども以外で
とても増えました。定例会うちもしたいと思います。
(F様)
 
一つのイベントを立ち上げて実行するには、大きなことから小さなことまで、様々なことが
必要だけれども、そこに楽しく取り組んでいらっしゃる姿に“働く”ことの原点を思い出しました。
勢いも大切だけれども、未経験のところから、きちんと経営できるようになるまで、
様々な知識をきっと身に着けるために努力されたんだなと感じました。
(まゆみ様)
 
鎌倉ならではの出店のポイントやモブロさんの「待ち」ではない、アクティブな「行動」・
「横のつながり」がとても大切だということを学びました。
有難うございました。
(きた様)
 
 
コンセプトがしっかりしていて、一貫していること。
お客様とのコミュニケーションを大切にされているところがとても印象的でした。
ワークショップやフェアをされているということが。とても参考になりました。
(柴本幹也様)
 
今回の講座を申し込んだ理由がモブロさんの話がきけるということでしたので、
とても楽しみでしたし、とても面白く聞かせて頂きました。
本や地域の人を通じたコミュニケーションの大切さがあらためてよく分かりました。
荘田さんの人柄が最高にいいです。
(Rin様)
 
本当におふたりが淡々とお話される中、ぶれないコンセプト、地域にとけこんでいる様子イベントの
お話など、とても勉強になりました。
着実・・・堅実、鎌倉での生活を楽しみながら前に進んでいらっしゃるのですね。
何か自分が取り入れられることはないかと、そればかり考えながらお話を伺っていました。
(いとこい様)
 
                
 
穏やかな中にお二人の強い愛・想い・こだわりが伝わってきました。
共感するところが多かったです。
本に囲まれて話をきいたのも落ち着きました。
低コストでオープンさせることができるお店もきけてよかったです。
(内藤有紀様)
 
人と人とのネットワークの仕組みを作ってうまく活用していると思いました。
特にブックカーニバルでの打ち上げの食材を商店街にお願いするなど、非常に上手だなと
思いました。
(S様)
 
本日で3回目ですが、講師の方々とお店がすごくあっていて、シャッフルしてもわかるくらい、
お店に人柄、コンセプトがにじみでているのだと実感しました。
(T様)
 
            
 
古書店という全く知らない業種のことを知れて勉強になりました。
夫婦でお店を経営をしている上での大切なことは、なにより“会話”なんだと石かわさんの時と
同様にかんじました。
ブレないコンセプトと変化していく発想(価値観)も改めて大事なことだと感じました。
(飯島悠史様)