• お問い合わせ
  • かま学の歩き方
  • みんなの感想文
かま学日記

かま学は、かま学らしくコツコツと毎日鎌倉を盛り上げます。
そんな日々の活動を通して、鎌倉の良さをお伝えする日記です。

カテゴリー選択
過去の記事
第2話 クラウドファンディングに挑戦  2015.05.25

<これまでのあらすじ>

鎌倉駅前にあるビルの一室との出会いから、鎌倉好きが集まる小さな会員制図書館プロジェクトを発案。ワクワクしながら内容を詰めていきましたが、一方で資金がまったく用意できていなかったのも事実でした。

 

かつて「かまくらの学校」在籍時に企画した「鎌倉でお店を持つ講座」では、登場いただいた現役オーナーのみなさんから、いつかはお店を持つためにコツコツと準備を進めていたお話をうかがっていました。

ところが僕ときたら、準備どころか資金もゼロ。それはそうです、それまではまさか自分が起業するなんて考えてもいなかったのですから。

 

 

どうすれば蔵書をそろえ、そして増やしていくことができるか

 

でも、チャレンジしようと決意したからには、なんとかしなければなりません。そこで、なるべくお金がかからない方法に知恵を絞りました。

まず1つめは、本の調達。

鎌倉に関する本ばかりを集めることにしましたが、それだってかなりの数になるはずです。いくらお金がかかるのか、想像もつきません。

そんなとき思い出したのが、かつて自分が企画して催行したツアーの参加者、つまり鎌倉好きのみんさんの「ウチには鎌倉の本がたくさんあるよ」という声です。

 

「鎌倉に関する情報を得るために、見かけるとつい買ってしまう」

「いつのまにかたまっちゃう」

「知らないことが載っている本を探すのも楽しみ」

「みんなに見せたいよね」

そんな会話を思い出し、棚に並べる本はみんなに持ち寄ってもらおうと思いつきました。

 

でも、みんなが持ち寄った本を不特定多数の人に見てもらうのは、本が痛んでしまう可能性もあって心配。

そこで、閲覧者を鎌倉好きに限定したらどうか。

鎌倉好きが自分の鎌倉本を持ち寄って見せ合う場として機能させたら。

会員制図書館のアイデアはこうして生まれました。

 

入会金は、お金ではなく「鎌倉に関する本、1冊以上の贈書」に。

 

そして、その「贈書」と「蔵書」をかけてネーミングしました。

「かまくら駅前蔵書室」の誕生です。

 

 

個人的な夢からみんなでつくる図書館プロジェクトに

 

蔵書は、会員になりたいと言ってくださるみなさんの「贈書」に頼るとして、それでもまだ室内の備品をはじめ賃貸料など資金はまったく足りません(少しだけお金を借りることはできましたが)。

ただ、このアイデアを話すと「おもしろい」「鎌倉にぴったり」「いける」「いくしかないんじゃない?」と賛同してくれる人がとても多いのです。そのたびに、なんとか実現させたいという思いはどんどん膨らんでいきました。

もっと多くの人に話せば、もっともっと賛同してくれる人が増えていくんじゃないか。

 

だったら、クラウドファンディングだよな・・・

 

クラウドファンディングとは、アイデアをネット上に公開して賛同者を募る仕組みです。

実は、僕自身も何度か賛同者として目標達成を支援したことががありました。

そうだ、今度は自分が賛同者を募ってみよう。

こうしてクラウドファンディングにチャレンジすることになったのです。

これが2つ目のアイデアです。

 

かまくら駅前蔵書室のプロジェクトページ

 

偶然、出会った駅前の物件から始まった冒険をみなさんがおもしろい、支援したいと思っていただけるのか。

とても不安ではありますが、とにかくオープンしました。

おかげさまで支援してくださる方が少しですが出始めています。

ただ、期間の残りは約1か月。これからどんどんアピールしていかなければなりません。

 

「かまくら駅前蔵書室」は個人的な発想の夢でしたが、今や賛同してくださるみなさんと一緒につくり育てていく場所になりました。

もう立ち止まるわけにはいきません。小さな小さなスペースですが、多くの方々の夢と期待が詰まった宝箱にするために、走り続けます。

 

 

第3話に続く

 

第1話はこちら