• お問い合わせ
  • かま学の歩き方
  • みんなの感想文
かま学日記

かま学は、かま学らしくコツコツと毎日鎌倉を盛り上げます。
そんな日々の活動を通して、鎌倉の良さをお伝えする日記です。

カテゴリー選択
過去の記事
鎌倉カフェマップレポート 5.cafe vivement dimanche  2013.07.29

鎌倉カフェマップとは・・・

大学生インターンシップに応募した、慶応義塾大学3年生(当時)の大塚しほりが

14ものカフェを選び、アポを取り、インタビューし、レポートにまとめあげました。

何度も何度も駄目だしされ書き直した苦心の経験は、

カフェマップとしても、鎌倉各地に置いてもらっています。

その後、彼女は、希望の会社の内定を勝ち取ります。

「このインターンシップで、就職活動が楽に感じた」それほどの汗と涙の結晶です。

5.cafe vivement dimanche

 

"ゴーフルと推しコーヒー"

小町通りを少し入ったところにcafe vivement dimancheがあります。

店長の堀内さんがお店を開いたのは19年前のこと。

ゴーフルという丸型のワッフルを開店当初から出されています。

 

 

エッフェル塔の下で本場のゴーフルと出会って以来、その美味しさを

お店で再現されているそう。

 

外側がサクサク、中がもっちりとしていて、メープルシロップとの相性

が抜群なゴーフルはお店の人気メニュー。

シンプルにバターとメープルシロップが添えられているだけのプレーン

から、バニラアイスにチョコレートソース、フランボワーズがトッピングさ

れた豪華なものまで様々です。

 

 

また、このお店はゴーフルだけでなく、コーヒーにも力を入れています。

三年前からご自宅で焙煎をしているというコーヒー豆を注文ごとにひき、

抽出しているコーヒーはとても香り豊か。

"推しcoffee"というメニューは中煎り、中深煎り、深煎りの三種類の焙煎

方法があり、それぞれの銘柄から選べます。

 

 

メニュー表には豆の産地だけでなく、そのコーヒーの味の詳しい説明もあるので、

コーヒー初心者にとっても選びやすいメニューになっていると思います。

おかわりは豆を変えて頂くこともできるので、色んな味を試すのも楽しそうです。

 

 

私はケニア産の中煎りコーヒーを頂きました。

堀内さんによると"コーヒーらしくないコーヒー"だそうで、メニューの説明

には「カシスやダークチェリーのような味わい。」とあります。

 

一口飲んでみると、とてもあっさりとしていて、後には舌の上にキュッと

酸味が残り、なにか別の果物のような味わい。

普段、飲まないようなコーヒーの味に驚いて、あっという間に飲み終えてしまいました。

 

"お客さんが楽しそうな理由"

店内を見回すと様々なお客さんがいます。

小さな子ども連れのお母さん、近所にお住まいのご老人、会社の休憩

に立ち寄ったのでしょうか、男性の二人組、そして鎌倉観光の女の子

たちと、お客様の層がバラエティ豊かでなんだか楽しそう。

 

堀内さんはこんな様々なお客さんに思い思いに満足してもらうことが

お店の雰囲気につながっているのではないか、と考えています。

「お客様がこのお店で良い時間を過ごすためには何をすればいいか考えよう。」

とスタッフの方たちに日頃から伝えている堀口さん。

 

 

コーヒーやお料理の味だけでなく、お客様の目線に立ったさりげない

接客やお客様に楽しんでもらうための取り組みが大事だとおっしゃいます。

その細やかなサービスはお店の中の随所に見られます。

 

例えば、角砂糖の包み紙に切れ目が入っているところ。

格段に包みが剥がしやすくなっています。

スプーンやナイフを置くためのナプキンは、よく見ると可愛いイラストの

パラパラマンガ。

 

アイスコーヒーを頼めば、コーヒー豆の形をした、中身もコーヒーの"コーヒー氷"

が入っています。

テーブルの上に置いてある小さな瓶に入った花も店員さんのアイディア。

「こんにちは。今日も~でいいですか?」という親しみのある言葉もお客様に

かけられています。

 

ちょっとした楽しみや店員さん達のさり気ない気遣いは、そのままこのお店の

居心地の良さになっています。

 

"私たちへのメッセージ"

コーヒーを頂いた後に、ごちそうさまでした、と堀内さんに御礼にいくと、

「あまり他にはない味で美味しかったでしょ?」とコーヒーを淹れる手を

休めず、ニコニコしながらおっしゃいます。

 

忙しそうにカウンターの中でコーヒーを淹れていらっしゃる姿を見て、

「若い時にはいろんなことを体験した方がいいよ。知っていても実際に

体で感じないとわからないこともあるから。」という言葉を思い出しました。

 

堀内さんも実際にブラジルの農園を訪れ、コーヒー豆は、どんなところで

どんな人が栽培しているのかをご自分の目で確かめに行かれたそうです。

農園の雰囲気を肌で感じ、美味しい豆はこういうところで栽培されるのだと、

さらにコーヒーへの愛情が湧くようになったそうです。

頂いたコーヒーの味も私にとっては未知の体験。

評判を聞いて知った気にならずに、実際にお店に足を運ぶことも堀内さんの

言う体験の一つだと気づくことができました。

美味しいコーヒー、美味しいワッフル、それだけではないものがここにはあります。

いつもお客さんでにぎわっているお店には確かな理由がありました。

 

営業時間:8:00~20:00(土~22:30)

定休日:木

電話番号:0467-23-9952

dimanche.shop-pro.jp

ゴーフル(プレーン):500円

推しCOFFEE:一杯550円 おかわり300円

 

鎌倉カフェマップトップ