• お問い合わせ
  • かま学の歩き方
  • みんなの感想文
先生・スタッフ
後藤 久慶 ゴトウ キュウケイ





 

  鎌倉彫は、中世鎌倉に起源を持ち、禅宗と共に日本移入された唐物の彫漆に影響を受け、独自に発展して参りました。
 
  明治時代には、仏師たちはそれまでの仏像・仏具の制作で培われた彫りや塗りの伝統技法を活かし、工芸品の制作を始めました。



 
 「後藤久慶」は、運慶を始祖とする鎌倉仏師の流れを汲み、26代後藤斎宮慶廣の三男である初代久慶(27世孫)が独立し、扇ヶ谷より雪の下(現在地)に移り居を構えました。確固たる技術と高い芸術性を持ち独自の制作活動に徹した2代目(28世孫)を経、現在は3代目久慶(29世孫)が継いでおります。
 代々「後藤久慶」は、時代に呼応しつつも伝統に根ざし、より芸術性を高めた作品を追求し続けております。
 
 
■ 略 歴 
1972 鎌倉市出身 
1994 彫刻家 小畠廣志氏に師事 
1998 三代 鎌倉彫 後藤久慶を継ぐ 
2002 美術家として本名の後藤慶大(ゴトウケイダイ)で活動開始 
2005 工芸作家ユニット「雪乃福」結成 
   漆芸 彫刻 後藤慶大、金属造形作家 デザイナー 福成三太 
2009 アーティストユニット「eventum」結成  
  (代表)後藤慶大、齊藤寛之、小林正樹、福成三太 
   
    
   
■ 個 展 
2004  五月展 (後藤久慶ギャラリー / 鎌倉) 
2006  初春展 (後藤久慶ギャラリー / 鎌倉) 
2009  初春展 (後藤久慶ギャラリー / 鎌倉) 
  
■ 展覧会 
2005 雪乃福展 (ICHYS GALLERY/青山) 
2006 雪乃福展 (雪ノ下~浄明寺/鎌倉) 
2009 SICF ♯10(スパイラルホール/青山) 
    Archives展 (シンワアートミュージアム/銀座) 
2012 再生の「息吹」展 vol.1・vol.2 (六本木画廊/六本木) 
    相縁奇縁(六本木画廊1周年企画) (六本木画廊/六本木) 
    都美セレクション グループ展公募 
    第1回  「とある雑食美術愛好家T氏コレクションより」
    (東京都美術館ギャラリーB)
2013 鬼外福内 六本木 (六本木画廊/六本木) 

   


 
慶大の作品は久慶の鎌倉彫とは別に2002年より主に竹と漆を素材として制作を始め、2004年5月に初めて「慶大」として発表致しました。これらの作品は、鎌倉彫の技法を軸に素材・発想をより自由に展開していくものと位置付けております。
 
慶大の作品は、代々「後藤久慶」に伝わる鎌倉彫と共に、現代の暮らしの中にも活きるものであると自負しております。
天に向かって力強くまっすぐ伸びる竹の一節一節からは茶碗を制作し、個性の強い竹からはそのかたちを活かし花器に仕上げました。作品に用いた竹は鎌倉五山第三の名刹寿福寺と鎌倉の笹目町の里山より自ら切り出して参りました。作品の銘も竹の故郷にちなみ、「寿福」、「ささめ」と致しました。

  
 
 

・先生




後藤 久慶さんの授業
現在、後藤 久慶さんの授業はありません。